ダイヤモンド買取ドットコム

2019年5月27日

ダイヤモンド買取で知るべきノウハウ

ダイヤモンド・diamond買取において私達は、どのようなことを注意して対応していけばいいのでしょうか。

ダイヤモンド買取の前に知っておきたいこと

ダイヤモンド・diamond買取ではどのような点に注意をしなければならないのでしょうか。いろいろジュエリーがありますが、買取価格が高額になる最たるものがダイヤモンド・diamondと言っていいでしょう。

しかしダイヤモンド買取は、どのダイヤモンド買取業者でも同じ価格で買取してくれるという訳ではありません。

鑑定書の有無や、どのお店を選択するのか、買取を依頼するタイミングなど、いろいろな問題をダイヤモンド買取にあたり考慮していかなければならないでしょう。

ダイヤモンドの買取には鑑定が必要

他の買取では、このようなことまで考える必要はないのかもしれませんが、ダイヤモンド買取においては、鑑定が必要となります。

ダイヤモンド買取においての評価基準は、ダイヤモンド・diamondの国際基準である「4C」です。

「4C」とはColor(色)、Cut(カット)、Clarity(透明度)、Carat(カラット:サイズ)のことです。Color(色)、Cut(カット)、Clarity(透明度)、Carat(カラット:サイズ)がダイヤモンド買取の価格に大きく影響を与えることになります。

サイズ程度のものは、私達でも計ればなんとかなるものかもしれませんが、色やカット、透明度などと言った部分は、宝石の専門家でも判別が難しいこともあり、そのようなことを考えると結構ダイヤモンド買取で妥当な価格をつけることは難しいことなのかもしれません。

当然、素人が、全部正しく判断することが出来るレベルのものではありません。

GIA(米国宝石学会)やAGL(宝石鑑別団体協議会)など、信頼のおける機関の鑑定書は、客観的な目でどのようなダイヤモンド・diamondかということを評価してくれます。

ですから、そのような鑑定書の有無が、ダイヤモンド買取においても大きく価格に影響してくると言っていいでしょう。

鑑定書によって、そのダイヤモンドを高く買取しても問題ないという判断を下すことになります。手持ちのダイヤモンドを正当に評価してもいたいというのなら、このようなちょっと面倒くさい過程も必要だということは、ダイヤモンド買取をして欲しい人たちはあらかじめ知らなければならない知識でしょう。

ダイヤモンド買取店で鑑定してもらう事も出来る

ただし、ダイヤモンド買取店舗でもそれをしてもらうことが出来るので幾分気持ちも楽になったという人たちもいらっしゃるかもしれないですよね。

もちろん、ダイヤモンド買取店舗には、宝石に対してのプロフェッショナルなスタッフたちがいます。どの店舗でも正しいダイヤモンドの評価をしてくれるのではないでしょうか……。

ただし、プロフェッショナルでも、正しい判断・評価が出来ない程、ダイヤモンド買取ってちょっと難しい面を持っていたりします。ですからいろいろなダイヤモンド買取店舗で査定をしてもらえば、その価格の違いに驚かされることもあるでしょう。

同じ1カラットのダイヤモンドでも、買取価格に数十万円の差が出てしまうのはもはや当たり前と考えるべきかもしれません。

ですからみなさんがしなければならないのは、出来るだけ多くのダイヤモンド買取店舗を回って最終的に決定することです。